掃除のしやすい部屋づくり

掃除のしやすい部屋づくりは

掃除のしやすい部屋づくりは、余計な物を先ず捨てることから始まります。収納から先にやってしまうと、人によってはその収納ケースを買ってきてしまう羽目になり、物として余計に増えてしまいます。要らない物を選別し、廃棄かリサイクル等に出した後、今ある収納ケースに入り切る分量にまで絞るといいでしょう。
逆にその収納ケースから溢れそうな物は、最初から買い控えるキッカケになります。見せる収納が流行りですが、マメに掃除片付け出来ない方にはお勧め出来ません。私も体験した事ですが、最初から身についていない感覚は流行りでやってもリバウンドして、あっという間に見せる収納はグチャグチャとした物置場と化してしまいます。
お洒落を気にせず、とにかく物が収まり掃除しやすい部屋を作るなら、今ある収納ケースに入る分量を決め、全てパッキングすると良いでしょう。例えば本当にたまにしか使わない、でも廃棄処分の中で厳選した自分の好きな本やコレクション等は、透明な衣装ケースに入れます。外側に分かりやすい様にネームをつけてもいいでしょう。見つけやすいし、こうして置けばまず埃もかぶりませんし、掃除はしなくていいでしょう。そして、たまにタイムカプセルを開けるようにワクワクしながら見返せばいいのです。

さて普段使いの物はどうでしょう。流石にしまったままでは使いにくいし、サッと取れたら便利ですよね。例えばペン等筆記用具、財布や眼鏡、書類等、これらは逆に私は外に出す収納をしています。経験からいうと、これらは普段は引出しにしまってある物ですが、以外と中でゴチャゴチャになってサッと取り出せない事も多いです。
そこで100円ショップで買った金属製のカゴと、ラックを固定する時使うL字金具を結束バンドで固定し、L字の穴にネジを通して壁に取り付けます。即席のラックにはペン立て、空瓶には眼鏡を縦置きして見つけやすく、また別のラックには横置きに財布や車のキー、今日使う書類を決めて置く様にします。こういった細々した物を棚上げにしたことで、床におく収納ケース自体が徐々に減り、床掃除は格段にしやすくなります。
軽い鞄、帽子、ケータイ等もお出かけ用として別ラックを作るといいかもしれません。本体の金属製カゴでなくても、どこのご家庭にもあるプラスチックのカゴでも出来ます。多分掃除が面倒臭くなるのは、まず床の物を片付けなければいけないと言う事ではないかと思います。日頃から棚上げの癖だけ付けておけば、ラクに掃除出来ると思います。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017掃除のしやすい部屋づくり.All rights reserved.