掃除のしやすい部屋づくり

掃除のしやすい部屋づくりの方法

掃除のしやすい部屋づくりの方法。そもそも、「掃除のしやすい部屋」とはどのような部屋だろうか。私の部屋は、掃除のしにくい部屋だと思う。何故なら、子供の散らかした細かいオモチャや紙などが常にどこかに落ちている状態なのである。こうなると、掃除機をかける前にオモチャを箱にしまい、紙をゴミ箱へ捨てる作業が必要だ。食卓の机の上は、これまた子供の食べこぼしやオモチャ。机を拭く前にこれらを片づける。そしてキッチンカウンターに目をやると、置きっぱなしのDMや皿。カウンターを拭く前に、とこれらを繰り返す。
そうなると、もう筆者はダメなのである。掃除をしようという気持ちが折れてしまう。面倒くさいのである。「また明日…」いつもこのように掃除を先延ばしにしてしまう。ここで、掃除のしやすい部屋とは「細々したものが出しっぱなしでない部屋」なのではないのかと感じるわけである。ものが落ちていなければ拾う必要は無いし、片付いていればすぐ台拭きもかけられる。常に部屋が整然としていれば、掃除機をかける気力も私には湧いてくる。細々したものを拾う時間を、もっと別の掃除の時間に充てられる。
シンクの掃除、トイレの掃除、風呂の掃除、玄関の掃除。常に掃除機をかけやすい、「細かいものが落ちていない部屋」を保つことが、掃除上手への第一歩ではないだろうか。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017掃除のしやすい部屋づくり.All rights reserved.