掃除のしやすい部屋づくり

掃除のしやすい部屋とは

掃除のしやすい部屋とは、整理整頓が行き届いており、物が少ない部屋です。
床に物が散乱していないから掃除機をかけやすく、お掃除ロボットを使っても隅々にまでよく入り込んでくれます。
このような部屋を作るには断捨離をモットーにするのが一番です。
1年以上使っていない物、本、服、グッズなどはとりあえず段ボールに詰めてしまう、さらに3年以上使っていないものは処分する、というルールを作ってそれを守るのが大切です。
もしかしたら後で使うかもしれない、捨てたらもったいないという気持ちは掃除しやすい部屋作りには禁物です。

次に大切なのは物の置き場を決めることです。
物は「増える」「散乱する」という特徴があります。せっかく断捨離で物を減らしても、散乱を防止しないと部屋の掃除はうまくいきません。物は決まったところにしまうことができるように置き場を決めましょう。収納用のグッズはふんだんに用意し、整理分類する形で物を片付けます。このようにして、掃除しやすい部屋づくりができます。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017掃除のしやすい部屋づくり.All rights reserved.