掃除のしやすい部屋づくり

毎年大掃除の時期になると

毎年大掃除の時期になると、こんな部屋だと大掃除なんてできない、と大掃除をせずに済ませてしまおうかなんて考えてしまいます。
もっと掃除がしやすい部屋にするにはどうすればいいのでしょうか。掃除のしやすい部屋づくりをするには、まずものを散らかさない工夫が必要です。
たとえば、これはここに置く物と決めたなら、その定位置を動かさないという具合です。
それで物が散らかってしまうことを防げます。使ったら定位置に戻す、それだけで掃除をするときしなければならない片づけがぐっと減ります。
そして、床に置くものをできるだけ減らすことでしょう。雑巾がけするにも、モップをかけるにも、床が見えていないとできません。床に置くものは限られたものだけにすると、掃除がしやすくなります。それと、ほこりがたまりやすい見せるインテリアはやめたほうが無難です。
部屋の中でも相当のほこりが舞っていますが、見せるインテリアの場合、そのほこりがどんどんたまってしまいます。それで、掃除しようという段になると、もう掃除をする気が起きなくなってしまうこともあります。これだけ守れたなら、掃除のしやすい部屋にかなり近づけると思います。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017掃除のしやすい部屋づくり.All rights reserved.