掃除のしやすい部屋づくり

外で仕事をしている時は

外で仕事をしている時は、家の中が散らかっていても、掃除が十分でなくても、毎日の忙しさを口実に出来た。
しかし、仕事を辞めて専業主婦状態の今は、そうはいかない。炊事に掃除・洗濯が最優先のお仕事。とはいえ、毎日掃除をしているのに、翌日にはまた汚れている。時間は山ほどあるが、出来れば家事は簡単に済ませて自分の時間が欲しいし、腰も痛い今日この頃。
さて、掃除を簡単にするにはどうしたものか。何といっても、物がなければ床もさっとゴミを掃き出して、モップで拭けばおしまい。そう、当たり前のことなのだが、物を置かない生活は実に難しい。特に、子供やお年寄りが同居していると大変なのだ。あの方々は、掃除をする私のことなどお構いなしで、すぐにあれやこれや置きたがる。学校や畑仕事から帰れば、靴下をポンッとその辺に放っておく。新聞を読んでは、テーブルの下に。お風呂上がりのタオルもポイ、ポイ。お茶請けの菓子入れさえ、自分のそばの床の上に置いておく。そして一日が終わり、また次の日には、それら床に散らかったものを拾い集めてから掃除に取り掛かる。掃除がしやすい部屋にするには、まず家族の教育が必要な我が家である。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017掃除のしやすい部屋づくり.All rights reserved.