掃除のしやすい部屋づくり

いつも綺麗な部屋作りって理想ですよね

いつも綺麗な部屋作りって理想ですよね。素敵なインテリアに囲まれて、いつ友達が来ても大丈夫なお部屋だったらいいのにって思うのですが、どうも片付けっと聞くと尻込みしてしまう私なので、なかなか理想にたどり着けません。
そんな私が1冊の本に出会い、片付けの意識が変わりました。
講談社実用BOOKからでている『掃除以前の収納の常識』という本は、片付け苦手の私には目からウロコな内容が山盛りでした。
例えば「ゴミを纏める・捨てる・整理整頓というのは別作業」、という項目、確かに全部一緒にやろうとするから片付けているはずの部屋が、何故か最初より散らかっているんですよね。それからは、一つ一つの作業を別にする事によって、片付け作業が気楽になりました。
いらないものを捨ててあるので比較的物が少なくなっているから、整理整頓もしやすいですしね。
その他にもゴミ箱は大きなものでなく小さな物を各所に置くとか、掃除は一気にではなく毎日小さな範囲で行うなど、片付けが苦手でも、ちょっとしたコツで綺麗な部屋は保てるんですね。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017掃除のしやすい部屋づくり.All rights reserved.